葬儀というものの形

お葬式と言うと、頭に描くのが葬儀場での執り行いでしょう。
これが60年代の方となれば、家のお葬式というのも思い浮かべますが、現在は場所の狭さや
周囲の事を考えて葬儀場で行います。
そのお葬式スタイルですが、現在は多様化してきています。
お墓のスタイルも合祀や樹木葬といった埋葬方法にもなってきています。
お葬式もお墓と同様に変わってきました。
一般葬は普通のスタイルですが、現在は親しい人や身内だけで行う家族葬も良く執り行われます。
さらに、身内だけの密葬や火葬葬に自然葬といったものもあり、変わりダネとしては宇宙葬というのもあります。
スタイルは変わっていますが、故人を思って送り出す事は変わりありません。
現在は、費用の面なども考えてコストダウンをする時代えす。
その中で、いかに安くて良い葬儀を行うかもお願いする側も着目点になっているようです。
今はインターネットでも比較サイトがありますから、そこで比べて後々の事を考えても
良いかもしれません。