葬儀費用の透明化を

商品やサービスの価格について、透明化を望んでも、ほとんどの場合無理なわけですが、それでも適正価格と感じられるなら消費者はある程度納得するでしょう。葬儀費用の場合、不透明の度合いが大き過ぎたのか、疑問を持つ人は少なくなかったようです。人々は葬儀費用の不透明さに不信感を持ちながらも、最近までなす術がありませんでした。病院から暗に指定されたり、しがらみで使わざるを得なかったりする葬儀社に依頼するしかないような状況でしたし、葬儀費用について、情報の取りようもありませんでした。そのためか、葬儀費用は高騰の一途をたどり、規模も拡大する一方だったようです。それに歯止めをかけたのが、インターネットの普及であるように見受けられます。人々は、葬式の費用の内幕のような情報を、それまでよりは得られるようになりました。疑問を語り合う場もできました。業者を依頼する際には、インターネットで比較検討することもできるようになっています。